撥水 ウインドウコーティング

雨の日の運転視界を劇的に改善するウインドウコーティング。前面ガラスにシリコン樹脂やフッ素樹脂を塗布しガラスに撥水被膜を形成します。撥水被膜の形成により運転視界が改善されるだけではなく、小さな走行風圧でも水滴が流れやすくなる為、ワイパーの使用頻度が少なくなり長持ちします。また、コーティング処理を施したガラス面は汚れが固着しづらく拭き取りも楽になります。

撥水被膜形成により視界もすっきり。施工前と比較するとその違いが歴然です。

油膜やイオンデポジットをガラス専用コンパウンドで丁寧に磨きあげてから撥水コーティングを行います。

窓ガラスコーティングを施工後は水洗いだけで簡単に汚れが落とせるようになり油膜が付着しづらくなります。窓ガラスコーティングの効果はフロントガラスで1年前後となり、サイドガラスで2年~3年間効果が持続します。